第9話「小さな日々の思い出」

最果ての地を目指し、旅を続けるゴーレムとソマリ。
その途中で雨に降られキャンディバオムの
木ツツキ小屋で雨宿りをする。
寝る前に木ツツキの残した
料理の書付けを見つけたソマリは、
ゴーレムの手作りご飯が食べたいとせがむ。
食事の後、懐かしい友人が木ツツキ小屋に訪れる。